株式会社ほぼ日は、
人々が集う「場」をつくり、
「いい時間」を提供するコンテンツ* を
企画、編集、制作、販売する会社です。

* ほぼ日では、読みものにかぎらず、モノのかたちの商品、イベントなども、
形にこだわらずすべてがコンテンツであると考えています。

ほぼ日は、1998年6月に無料のウェブサイト
「ほぼ日刊イトイ新聞」を開設し、
オリジナルの読みものを無料でお届けしながら
人々の集う「場」をつくってきました。

そこでは、「ほぼ日手帳」をはじめとした
文具や雑貨・衣類・食品等の商品、書籍を
企画・販売することで収益を得ています。

ほぼ日が創造する「場」は、
「TOBICHI(とびち)」や「生活のたのしみ展」、
「ほぼ日の學校」など、ウェブからリアルへと広がっています。

ほぼ日の場は、さまざまなクリエイターの方々が集まり、
新たな表現に挑戦する場になっていることも特徴です。

ほぼ日が提供する主な場とコンテンツ

ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」は、
エッセイ、対談、インタビュー記事、商品紹介など、
オリジナルの読みものを、
1998年6月の開設以来、毎日更新しています。
時流を追わず、人と社会への肯定感に根差した姿勢の
いつでもたのしめる息の長いコンテンツが中心です。

ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で、
さまざまなオリジナル商品を
企画・開発・販売しているお店が
「ほぼ日ストア」です。
まいにちの暮らしをたのしくする商品を
開発・販売する、
ウェブ上のちいさな商店街のような場所です。

「ほぼ日手帳」は2002年版から誕生した、
ほぼ日がつくるオリジナルの手帳です。
使う人それぞれの「LIFE」に寄り添うものでありたい
という思いをこめた「LIFE の BOOK」をテーマに
国内外を問わず、
たくさんの方にご愛用いただいています。

「TOBICHI(とびち)」は、「店舗」であり
「ギャラリー」であり、「イベント会場」です。
「ほぼ日刊イトイ新聞」の「飛び地」であると同時に、
コラボレーションをする作家やグループにとっての
「飛び地」でもあります。
ここでは、
展覧会やワークショップなどの様々な催しものや、
ほぼ日グッズ常設ショップでの
お買いものをたのしめます。

渋谷PARCOに2つのお店を出しています。
4階の「ほぼ日カルチャん」は、
展示会、映画、演劇など、いまおすすめの
東京の催しものをご紹介する「東京の文化案内所」。
8階の「ほぼ日曜日」は、
展示、ライブ、カフェ、ワークショップなど、
さまざまな「表現」を提供しています。

「生活のたのしみ展」は、
さまざまなアーティスト、
目利き、ブランド、ショップ、企業などのかたがたと
「ほぼ日」がいっしょにつくる、
お買いものを中心としたイベントです。

「ほぼ日の學校」は、
アプリのなかでたくさんの人に出会い、
いろんな話を聞いて自由に学べる、新しい学校です。
授業は、映像とことばがいっしょになった
学びやすい便利な画面でお届けします。

「ほぼ日のアースボール」は、
国境も国名もない地球儀です。
スマホやタブレットをかざすと、
地球の「今」を見ることができます。
AR技術で世界のいろんな情報がとびだす、
最先端の地球儀です。

「ドコノコ」は、犬と猫と人間をつなぐ
写真投稿アプリです。
犬や猫を登録し、写真やコメントを投稿することで、
本を作るような感覚で記録を蓄積することができます。
たくさんの犬や猫の写真を見てたのしむだけはなく、
SNS機能を活かして、
迷子になったペットの情報共有などにも役立ちます。

「weeksdays(ウィークスデイズ)」は、
「毎日なにか変化のあるお店」を目指して、
スタイリストの伊藤まさこさんといっしょに、
衣食住に関するコンテンツや商品を企画・販売する
新しいブランドです。