株主・投資家の皆様へ

代表取締役 糸井重里
夢に手足を。

数ある企業のなかで、
株式会社ほぼ日に目をとめていただきまして、
ありがとうございます。

この会社は、これまであんまり
「会社」だと思われてきてなかったようです。
お恥ずかしいのですが、今回の上場をきっかけに、
社会的なルールのなかにある組織なのだと、
あらためて理解された方も多かったようです。
まるで門外漢のような上場デビューでしたが、
これを機会に、わたしたちの原寸大の姿を、
じぶんたちもよく知る機会になったと思っています。

この間、たくさんの人たちに
質問をされてきたことのなかに、
わたしたちの学ぶべきことがたくさんありました。
聴く耳は、大きくして、
採り入れたいことは積極的に採り入れていこうと思います。
同時に、じぶんたちの身に合わないやり方については、
学びつつも容れずという姿勢で臨むことにしていきます。

株式会社「ほぼ日」は、
「夢に手足を」つけて、
ほんとうにしていく会社です。
成長に興味のない会社ではありませんし、
じぶんたちの力量に合った成長であるならば、
それは「希望」そのものだと考えています。
この先も、いまより大きなスケールで、
多くの人たちによろこんでもらえるような場を、
つくっていくつもりです。
しかし、成長そのものを目的にした無理なやり方は、
かえってじぶんたちなりのいいところを
減衰されることもあり得ます。
もともと、元気はありますが、
わりあいに堅実な歩みを続けてきた会社です。
しっかりと育っていきますので、
どうぞ、ごいっしょにたのしんでください。

わたしたち、株式会社ほぼ日は、
「やさしく。つよく。おもしろく。」
を行動指針にして活動していく会社です。
どうぞ、ご期待と、ご理解と、
応援をよろしくお願いします。

2017年3月

代表取締役 糸井重里