経営方針・体制

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

コーポレート・ガバナンスは、
会社が、株主をはじめ顧客・従業員・取引先・社会等、
さまざまなステークホルダーの立場を踏まえた上で、
透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行い、
経営の健全性を高めていくための仕組みです。
コーポレート・ガバナンスは
ステークホルダーとの信頼の上に機能します。
財務情報、非財務情報の開示によって
ステークホルダーとのフラットな関係を目指し
対話を重ねていくこと、
またコンプライアンスを重視することによって、
ステークホルダーとの信頼が構築されると考えます。
こうした考えに基づいて機関やシステムを構築・運用し、
株主をはじめとするステークホルダーとの
信頼関係の構築・深化に努めるのが、
当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方です。

当社のコーポレート・ガバナンス体制
当社のコーポレート・ガバナンス体制