事業内容

株式会社ほぼ日は、
人々に「いい時間」を提供するコンテンツ*を
企画、編集、制作、販売する会社です。

*コンテンツ(contents)とは、演目(番組・出し物・たのしみ)と考えます。
クリエイティブの集積は、読みもの、キャラクター、画像、イベント、モノのかたちの商品、
すべてがコンテンツであるととらえます。


当社は、オリジナルコンテンツ中心の無料ウェブサイト
「ほぼ日刊イトイ新聞」を企画運営し、
人々の集う「場」をつくっています。
そこで、コンテンツとして企画した
オリジナルの文具及び日用雑貨等を、
インターネット通販「ほぼ日ストア」で
直接個人に販売し収益を得ることを主要事業としています。
主力商品の『ほぼ日手帳』並びに、
その他一部の商品及び書籍は、卸販売も行っています。

当社は、「ほぼ日刊イトイ新聞」をはじめとした
「ほぼ日のTOBICHI(とびち)」、「ドコノコ」など
人々が集う「場」を創造し、
「いい時間」を提供するコンテンツを
企画、編集、制作、販売しています。

おもなコンテンツ


1998年6月6日に創設以来、
オリジナルのコンテンツを
毎日更新しています。

くわしく見る

2002年版から誕生した
ほぼ日がつくるオリジナルの手帳です。

くわしく見る

さまざまなほぼ日オリジナル商品を
企画・開発・販売しているお店です。

くわしく見る

犬や猫と人間をつなぐ写真投稿アプリです。

くわしく見る

「店舗」「ギャラリー」
「イベントスペース」でもある
ほぼ日の「飛び地」です。

くわしく見る


ほぼ日のコンテンツについて詳しくみる